逆指名サービス

まずは「あなたの希望」からスタートしましょう。

通常の転職サービスは、表面化した求人案件のみが選択肢となります。すなわち、企業が「具体的な採用活動」を行わなければ、希望する企業への門戸は閉ざされてしまうことになります。しかし、ものづくり業界では、「採用活動は行っていないが、よい人材がいれば採用したい」というような隠れた採用ニーズが多く存在します。

私たちエンジニアピットキャリアの「逆指名型転職サービス」は、このような表面化していない採用ニーズを掘り起こし、求職者の転職をかなえていきます。実際に多くの方が利用しているサービスでもあります。

まずは「あなたが希望する企業」を教えてください。エンジニアピットキャリアのキャリアカウンセラーがその企業にコンタクトを行い、あなたの転職可能性を広げます。

逆指名型転職サービス

あなたがまだ知らない、地元の優良企業が探せます。

事業所検索画面

メニューの「地図から探す」からエリアで検索し、
「事業所」タブを開いてください。

エンジニアピットキャリアの「事業所検索」から、逆指名したい企業・事業所を探してみましょう。あなたがまだ知らない地元の優良企業や、あなたの経験・スキルが活かせる⾝近な企業が⾒つかるかもしれません。

地図を活用し、ご自宅の近くにある良い企業や仕事を探してください。

「逆指名型転職」を行うには

「逆指名応募する」をクリックしてエントリー

「事業所検索」からご希望の企業・事業所が見つかれば、希望される職種を選択しエントリーしてください。エンジニアピットキャリアのキャリアカウンセラーから連絡を差し上げますので、ご希望などを話し合いましょう。

逆指名エピソード

プラント配管設計から下水処理装置設計への異業種転職。
実は経験をフルに活かせる企業でした。

プラント配管設計エンジニアAさんは、経験を活かした転職をしたいと思う反面、転勤の多い同業種では安定した生活か難しいと悩んでいました。そこで、エンジニアピットキャリアの求人で、公共事業である下水処理場等の装置設計職が目にとまり逆指名を行いました。

一方で、企業側は自社が扱う業務領域が特殊なものだと認識していたため、知人の紹介などによる業界経験者の採用を軸とし、公募による採用活動はほとんど行っていませんでした。しかし、分野は違えど経験してきた設備の規模や、水処理に関する設計技術が活かせるとのことで面接を快諾。国内施設向けの装置開発を希望していたAさんのニーズと、企業側が求めるスキルがマッチし、内定・入社となりました。

ものづくり業界において、「同業でなければ」「同じ経験でなければ」という固定観念が多く存在します。その枠にとらわれず、求職者・企業側の可能性を広げるのが、逆指名型転職なのです。

30代前半 男性